2011年06月

素人AV体験撮影206

素人AV体験撮影206

えっ、まさかそんな、まだやってくるのには早過ぎるのではないだろうか。例のアイツ、来るべき時を待ち、闇に身を潜めていたはずのアイツ。何故このタイミングでやってきた?知る人ぞ知るあの女。彼女の名は吉田智美、普段は専門学校生をしているが、学生らしからぬオーラが身体のある一部分から滲み出している。彼女は、ある力を秘めている。その力を知る者からは、彼女はこう呼ばれている・・・「テンプテーションニップル・トモミン」と・・・。ニップル、つまり乳首。そう、彼女は奇跡の乳首を持つ女なのである。

続きを見る »

素人AV体験撮影205

素人AV体験撮影205

ここは東京都渋谷区。109で買い物をしながら彼女は困っていた。。「可愛い服がたくさんある!!でもお金が無い。そうこうしているうちに夏は終わってしまう。一刻もはやく購入し身につけて、街を颯爽と歩きたい…」彼女にとってこんな経験は一度や二度ではなかった。つい先日も3万円の水着を買ったばかりだ。今月はもう財布が厳しく余計な物は買わないと決めていた。「でも・・・次のもうすぐバイト代も入るし、今度遊びに行く予定だし思い切って買っちゃえ~♪」そうして気づくと買い物袋を下げていた。いつもそうだった。日々バイトはしている。しかし彼女はこの調子だ。それだけの儲けでは全然足りなかった。

続きを見る »

素人AV体験撮影204

素人AV体験撮影204

「エロだらしない。」彼女を見た瞬間、私はこの言葉を思いついた。この言葉は彼女の代名詞だと。近年、若年層の性意識の乱れが問題になっているが、まさにその象徴のような女だ。「お金が欲しいからぁAV出ましたぁ」「エッチ大好きですぅ」「暇があればオナニーしますぅ」と話す彼女に、私は我が国の将来を危惧せざるを得なかった。なぜかインタビュー中にモジモジとしながら答える彼女。不思議に思っていると。突然「早くお○んぽ下さぃ」とねだってきた。欲しくて欲しくて堪らなくなり、体中をモジモジさせていたようだ。

続きを見る »

素人AV体験撮影203

素人AV体験撮影203

今回出演の彼女、名前はカナちゃん。まだあどけなさが残る21歳の娘だ。普段は大学に通う女子大生。現役女子大生のこんな可愛い娘がAV出演する理由は何だったのか?家柄的に厳しく育てられた彼女、小さい頃から門限などが厳しかった。一人娘として大切に育てられたワケだが、意外とその反動は大きかった。現在も実家で家族と暮らしている彼女、恋人はいないらしく、学校とアルバイトが彼女の生活の基本となっているそう。学生なので交友関係も大切にしたいところだが相変わらずの門限の厳しさのせいで付き合いも悪くなりがちだと言う。そんなフラストレーションが溜まる日々を送る彼女の目に、ある日一つの広告が飛び込む。

続きを見る »

素人AV体験撮影202

素人AV体験撮影202

街を歩いていると僕はすれ違う女性ばかりに目がいってしまう。顔を見て、ファッションを見て、オッパイを見て、脚を見てる。そして今度は逆に下から上に眺める。そうして自分の中で採点を下す。『今のコ、可愛かったなー』とか『この女、エロいなッ!』とか『胸デケーな、おい!』とか・・・etc。自分は巨乳大好きオッパイ星人だから特に胸の大きいコは二度見しちゃうこともしばしば。でも別に声をかけるわけでもない。ただ頭の中で妄想して楽しむだけ(笑)。そんな女ウォッチングを毎日楽しんでいると顔が良くてオッパイ大きくて脚は細くてファッションセンスまでGood!!なんて女性はほとんどいない。

続きを見る »

素人AV体験撮影201

素人AV体験撮影201

私の朝は一杯のコーヒーで始まる。いい香りだ。サイフォンで入れるコーヒーはやはり香りが格別だ。紳士ごっこに興じていると時計の針が長短共に12を指す。うん。こりゃアウトだ。間違いない。携帯電話がけたたましく鳴り響く。上司からだろう。「…この電話に出たら俺結婚するんだ。」心の中にそっと死亡フラグを立てて通話ボタンをぽちっとな。そして罵声。大丈夫。これぐらいは想像の範疇だ。スカウトたるもの多少の暴言にはへこたれない。だが、まてよ…そうだ。今日は面接日だった。履歴書を見た限り、かなりの上玉だったはずだ…こうしてはいられない。

続きを見る »

素人個人撮影、投稿。03

素人個人撮影、投稿。03

はじめまして。よしのって言います。24歳でフリーターしてます。そろそろちゃんと正社員になりたいなって思ってます。けどなかなかいいお仕事なくって。えり好みしてる訳じゃないんですけどね。25歳になるまでは就職したいなって思ってます。周りの友達は大体ちゃんと会社勤めしてるから。アルバイトだとボーナスも出ないし、やっぱりちょっとお金無いなって感じになっちゃうんです。友達が海外旅行とか言った話聞いたりしたら、うらやましくなっちゃって。私も行ってみたいんですよー。

続きを見る »

素人AV体験撮影200

素人AV体験撮影200

みなさんこんばんわ、亜美です。今年で21歳になりました。今はフリーターをしています。えーっと…、面接した人から今回の意気込みを書くように言われたのでお話しますね。でも…突然、意気込みをと言われてもなかなか浮かばないので、このアルバイトをやることになった流れをここに書きます。実は、…これはまだ私の両親には打ち明けていないのですが、お金に困っています。困っているといっても、今どきのオンナの子の様に遊ぶお金が足りないというワケではありません。前に付き合っていた彼氏が原因なんです。付き合い出した頃は、私はまだ大学に通っていました。6コ年上の彼氏でした。

続きを見る »

素人AV体験撮影199

素人AV体験撮影199

出会い系で知り合った黒髪で純情そうなはつねちゃん。軽い挨拶混じりの会話から互いの写メの交換をした後、はじめはメールとのやりとりで何気ない話をしていた。流れで自分の職場の話からちょっとエッチな会話をしてみたらその気になってしまったのか、「会ってエッチしたくなってきちゃった」と外見から想像もできない過激な発言が!せっかくなので撮影の件も条件付きで相談してみると、是非やってみたいと前向きな姿勢。これは気が変わらないうちに即ハメしないともったいないと思い、近日中に約束を取り付けることに成功。撮影当日。喫茶店で待ち合わせをし、そこに現れたのは写メで見たとおりの清純そうで可愛い女の子。

続きを見る »

素人AV体験撮影198

素人AV体験撮影198

エッチな撮影に大人のお姉さんが応募して来てくれました。名前はアカネさん、年は28歳とちょっと大人を感じさせるお年頃!あかねさんは普段は製造工場の事務をしているごく普通の女子社員さんです。そんなごく普通の女子社員さんが何故エッチな撮影に応募してきたかというと。アカネさんの働いている工場では女性はアカネさんを入れて2人しか居ないらしく、一人は40過ぎのオバサンだとか。工場だとやはり社員のおじさん達からのセクハラもあるらしく、40過ぎのおばさんにではなくアカネさんにセクハラが集中するらしい。コレは特例らしいが今まで一番すごかったセクハラは、女子トイレに入った瞬間におじさんが入ってきて個室に押しやられて、そのままおマ○コに指を入れられて汚いチンコを咥えさせられたとか!?アカネさんは恥かしくてその事を誰かに話すこともできなかったとか。

続きを見る »

素人AV体験撮影197

素人AV体験撮影197

面接でセックスに関しては淡白な方だと語るマリさん。オナニーも一度もしたことがないらしい。経験人数は5人と全く経験が無いわけではないにも関わらず"やり方がよく解らない"そうだ。ムッツリなだけかもしれないが、AVの撮影に来ながらそういう話をする娘は珍しく、なかなか新鮮に感じた。実際に撮影を始めてみると特に淡白という印象はなく、フェラは上手いし普通のコと変わりないように感じる。なんでAVに出たのか理由を聞いてビックリ、付き合っている彼氏にAVに出て欲しいと頼まれたらしい。

続きを見る »

素人AV体験撮影196

素人AV体験撮影196

「マッサージ器の鬼」彼女は周囲の人からそう呼ばれている。それは、彼女のマッサージ器に対する情熱が尋常じゃないからだ。マッサージ器専門家として産声を上げたのは、小学3年生のとき。父の使っているマッサージ器を肩に当てたときに始まった。小〇生ながら常に肩が凝っていた彼女。マッサージ器が発する振動は、石の様に固い肩を揉みほぐしてくれるのであった。それから少しでも振動するモノは彼女の遊び道具となった。「マッサージ器の振動は彼女にとって揺り篭の様なモノだ。」ある専門家はこう分析した。人間誰でも自分にしかない癖。譲れないモノがあるものだ。舌なめずりや、頭をかく仕草、寝るときは何かに手を挟んでいなくては落ち着かない。等々・・・。

続きを見る »