素人AV体験撮影115

素人AV体験撮影115

山本晴香…都内の商社に勤めるOLだ。彼女は悩んでいた。その胸に寄せられる視線に。それもそのはずである。この大きさを見れば一度はその胸部に釘づけにならずにはいられない。そもそも彼女の乳房が発達を見せたのは小〇生の頃だった。当時クラスでもブラジャーを付けている女子は相当少数派であったこともあり、男子〇童に胸のことでよくからかわれたそうだ。中学に進学すると、性教育を受けた男子たちに今度は明らかな性の対象としての視線を一手に受けることとなったそうだ。

続きを見る »

素人AV体験撮影114

素人AV体験撮影114

最近、スロットにはまっている私。その日はお店一押しの大イベントで設定も入っていたせいか、何気なく選んだ台がたった3000円で大きくハマることなく大当たりを繰り返し、ドル箱も数箱積みまくりでなんと7000枚(14万円相当)を突破!そんなときパチンコホールでよく見かけるメイド姿のコーヒーレディーが傍を通ったので、コーヒーを一杯注文。程良くおっぱいの肉付きが良く、後ろ姿のメイドスカートからチラッと見える太ももと、突き出たお尻が魅力的。

続きを見る »

素人AV体験撮影113

素人AV体験撮影113

今日出演してくれるシロウト娘はさおりちゃん。20才の学生で飲食店でアルバイトをしていたそうだが、あるきっかけでやめてしまったという。急遽お金が必要になって出演に至ったそうだ。我々があるきっかけについて問うと、彼女は神妙に語りだした。彼女の働いていた飲食店はよくあるチェーン店ではなく、ひっそりとした個人経営のお店だったそうだ。そんな規模でも味の良さで隠れた名店として、たまにグルメ本にものるほどであったという。さおりちゃんはホール担当だったが、いつも人手が足りなくて大学終了後はお店に直行で毎日閉店まで働いていたという。いつも元気で仕事も一生懸命こなすそうだ。

続きを見る »

素人AV体験撮影112

素人AV体験撮影112

守りたい人の為、一人の少女が、大きな覚悟を決める・・・。地方出身の美園。都内の大学にへの進学が決まり上京、一人暮らしをすることに。頼れる親戚や友達もおらず途方に暮れていたところ、声をかけてきた同じ学部の少女。「自分も高校生の時寮生活を始め、同じような思いをしたから、見ていてほっとけなかった」と、いろいろ世話してくれた。二人が親友と呼べる仲になるのに、そう時間はかからなかった。同じ講義を受けたり、講義が終わったら街へ遊びに出かけたり、お互いバイトがない日は、一日のほとんどを一緒に過ごすほどになっていた。

続きを見る »

素人AV体験撮影111

素人AV体験撮影111

もしもし?あ、部長っすか!?お疲れ様です。あのーメール送ったんですけど、確認してもらいましたか?はい、写メール付きのものを送ったんですが…。そうそう、ソレですソレ!どーですか~、今回は結構な上玉が釣れたと思ってるんですがね。彼女の名前は“ゆき”ちゃん、今年で20歳だそうです。そうです、20歳です。そのせいかメチャクチャ艶肌でしたよ(笑)あれ?前回部長は何歳のオンナを釣ったんでしたっけ!?…ぶっ…ぶふふっっっ(笑)なんですかソレ!?たまに部長の選球眼を疑いますよ、俺。そんなんじゃ売れないじゃないですか。案の定お蔵入りになっちゃったし。何やってんすか、しっかりして下さいよ~全く。…え!?今回の流れですか??いや~、至ってシンプルなもんですよ。

続きを見る »

素人AV体験撮影110

素人AV体験撮影110

22才でフリーターのちえさん。自称自由人と言う事で、普段のアルバイトの内容はあまり言いたくない様子。更に、自由人に彼氏は不要ということで、ずっと一人身を貫いているとのこと。初めてのカメラの前でのセックスにも、物怖じすることなくチャレンジ精神旺盛な彼女。95のGカップの胸は真っ白でヒジョーにTAWAWA♪ウエストもキュっと締まって、ヒップはBOMB!理想的なボディは生ツバモノですな。

続きを見る »

素人AV体験撮影109

素人AV体験撮影109

彼女は優衣、22歳のフリーターである。仕事は「内緒」だそうだ。なんの仕事をしているのかとても気になるのだが、そこは深く聞くことはやめよう。こんな仕事に来るくらいなんだから大した仕事ではないのであろう。出演理由は「お金貰ってSEXがしたい」。とても素直なイイ子である。自分の欲求に素直な人間はとても扱いやすい。背徳的な撮影をするもの好みではあるのだが、今回はとても楽しく撮影ができそうである。上手くイケばこのままセフレになれるかもしれない。ルックスはまさしく私のタイプ。

続きを見る »

素人AV体験撮影108

素人AV体験撮影108

柔らかそうなウェーブの黒髪が美しいユウナさん。少しユルいワンピースからもFカップのおっぱいが自己主張しているのがわかる。正式な彼氏との付き合いは長い間なく、セフレと遊ぶことが多いらしい。元々性欲が強く、様々なオナニーを試してきた。数年前まではインターネットもそれほど普及してなく、ネタもない為、シャワーをあびた後にベッドの中でHなことを想像してオナニーし、そのまま眠りに落ちることが多かった。大学入学を期にネット環境を手に入れてからはオナニーの回数も次第に多くなったが、週刊誌のレディコミをオカズにする習慣は抜けきらず、今でも時々コンビニでさり気無く内容をチェックしてしまうこともあるらしい。

続きを見る »

素人AV体験撮影107

素人AV体験撮影107

彼女には1年程付き合っている彼氏が居る。彼とは大学のサークルで知り合った。数ヶ月前、そのサークルの合宿で河口湖へと向かった。テニスをして、富士急に行って、その夜はみんなで飲み明かすした。メンバーがだんだん潰れてきたトコで、彼女達の一部は空いていた部屋へ移動し、飲みなおす事となった。しかし、入ってみるとそこには2枚の布団。彼女は、「布団だぁぁー!!」と叫び、布団に寝そべった。そして彼が「おおっ!貸切にすっか??」とか言って、カギしめてニヤニヤしてコッチに来る!この瞬間、彼女はこれが仕組まれている事だと気付いた。

続きを見る »

素人AV体験撮影106

素人AV体験撮影106

こんな恥らう女体を抱いてみたかった。世の中には二通りの女がいる。エッチに積極的な女と消極的な女だ。しかしエッチの快楽はどちらも同じ、要はどうオトコの身体に臨むかの問題なのだ。早希ちゃんはどちらかというと奥手、しかもまだエッチに慣れていないような仕草をしてくる。キスひとつするのでさえ戸惑いの表情を浮かべる始末だ。これは演技なのか!?風俗の女が感じたふりをして喘いでくれるそんな演技なら興ざめである。

続きを見る »